トップページにお知らせがございます。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ここをクリックしてトップページの「はじめに」に行く

2008年10月28日

はじめに









1、
「79、あきかぜに」


2、
「1、あきのたの」


3、
「52、あけぬれば」


4、
「39、あさぢふの」


5、
「31、あさぼらけありあけの」


6、
「64、あさぼらけうぢの」


7、
「3、あしびきの」


8、
「78、あはぢしま」


9、
「45、あはれとも」


10、
「43、あひみての」


11、
「44、あふことの」


12、
「12、あまつかぜ」


13、
「7、あまのはら」


14、
「56、あらざらむ」


15、
「69、あらしふく」


16、
「30、ありあけの」


17、
「58、ありまやま」


18、
「61、いにしへの」


19、
「21、いまこむと」


20、
「63、いまはただ」


21、
「74、うかりける」


22、
「65、うらみわび」


23、
「5、おくやまに」


24、
「72、おとにきく」


25、
「60、おほえやま」


26、
「95、おほけなく」


27、
「82、おもひわび」


28、
「51、かくとだに」


29、
「6、かささぎの」


30、
「98、かぜそよぐ」


31、
「48、かぜをいたみ」


32、
「15、きみがためはるの」


33、
「50、きみがためをしからざりし」


34、
「91、きりぎりす」


35、
「29、こころあてに」


36、
「68、こころにも」


37、
「97、こぬひとを」


38、
「24、このたびは」


39、
「41、こひすてふ」


40、
「10、これやこの」


41、
「70、さびしさに」


42、
「40、しのぶれど」


43、
「37、しらつゆに」


44、
「18、すみのえの」


45、
「77、せをはやみ」


46、
「73、たかさごの」


47、
「55、たきのおとは」


48、
「4、たごのうらに」


49、
「16、たちわかれ」


50、
「89、たまのをよ」


51、
「34、たれをかも」


52、
「75、ちぎりおきし」


53、
「42、ちぎりきな」


54、
「17、ちはやぶる」


55、
「23、つきみれば」


56、
「13、つくばねの」


57、
「80、ながからむ」


58、
「84、ながらへば」


59、
「53、なげきつつ」


60、
「88、なげけとて」


61、
「36、なつのよは」


62、
「25、なにしおはば」


63、
「88、なにはえの」


64、
「19、なにはがた」


65、
「96、はなさそふ」


66、
「9、はなのいろは」


67、
「2、はるすぎて」


68、
「67、はるのよの」


69、
「33、ひさかたの」


70、
「35、ひとはいさ」


71、
「99、ひともをし」


72、
「22、ふくからに」


73、
「81、ほととぎす」


74、
「49、みかきもり」


75、
「27、みかのはら」


76、
「90、みせばやな」


77、
「14、みちのくの」


78、
「94、みよしのの」


79、
「87、むらさめの」


80、
「57、めぐりあひて」


81、
「100、ももしきや」


82、
「66、もろともに」


83、
「59、やすらはで」


84、
「47、やへむぐら」


85、
「32、やまがはに」


86、
「28、やまざとは」


87、
「71、ゆふされば」


88、
「46、ゆらのとを」


89、
「93、よのなかは」


90、
「83、よのなかよ」


91、
「85、よもすがら」


92、
「62、よをこめて」


93、
「8、わがいほは」


94、
「92、わがそでは」


95、
「38、わすらるる」


96、
「54、わすれじの」


97、
「76、わたのはらこぎいでて」


98、
「11、わたのはらやそしま」


99、
「20、わびぬれば」


100、
「26、をぐらやま」
posted by 肉まん父さん at 18:22 | TrackBack(1) | 日記

ももしきやふるきのきばのしのぶにもなほあまりあるむかしなりけり









ももしきやふるきのきばのしのぶにもなほあまりあるむかしなりけり


ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある むかしなりけり



順徳院
posted by 肉まん父さん at 08:34 | TrackBack(0) | 日記

ひともをしひともうらめしあぢきなくよをおもふゆゑにものおもふみは









ひともをしひともうらめしあぢきなくよをおもふゆゑにものおもふみは


人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は



後鳥羽院
posted by 肉まん父さん at 08:02 | TrackBack(0) | 日記

かぜそよぐならのをがはのゆふぐれはみそぎぞなつのしるしなりける









かぜそよぐならのをがはのゆふぐれはみそぎぞなつのしるしなりける


風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける



従二位家隆
posted by 肉まん父さん at 07:47 | TrackBack(0) | 日記

こぬひとをまつほのうらのゆふなぎにやくやもしおのみもこがれつつ









こぬひとをまつほのうらのゆふなぎにやくやもしおのみもこがれつつ


来ぬ人を まつ帆の浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ



権中納言定家
posted by 肉まん父さん at 07:25 | TrackBack(0) | 日記

2008年10月27日

はなさそふあらしのにはのゆきならでふりゆくものはわがみなりけり









はなさそふあらしのにはのゆきならでふりゆくものはわがみなりけり


花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは 我が身なりけり



入道前太政大臣
posted by 肉まん父さん at 21:02 | TrackBack(0) | 日記

おほけなくうきよのたみにおほふかなわがたつそまにすみぞめのそで









おほけなくうきよのたみにおほふかなわがたつそまにすみぞめのそで


おほけなく うき世の民に おほふかな わが立つ杣に 墨染めの袖



前大僧正慈円
posted by 肉まん父さん at 20:29 | TrackBack(0) | 日記

みよしののやまのあきかぜさよふけてふるさとさむくころもうつなり









みよしののやまのあきかぜさよふけてふるさとさむくころもうつなり


み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり



参議雅経
posted by 肉まん父さん at 16:21 | TrackBack(0) | 日記

2008年10月21日

よのなかはつねにもがもななぎさこぐあまのをぶねのつなでかなしも









よのなかはつねにもがもななぎさこぐあまのをぶねのつなでかなしも


世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも



鎌倉右大臣
posted by 肉まん父さん at 14:28 | TrackBack(0) | 日記

わがそではしほひにみえぬおきのいしのひとこそしらねかわくまもなし









わがそではしほひにみえぬおきのいしのひとこそしらねかわくまもなし


我が袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなし



二条院讃岐
posted by 肉まん父さん at 09:22 | TrackBack(0) | 日記

きりぎりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねむ









きりぎりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねむ


きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む



後京極摂政前太政大臣
posted by 肉まん父さん at 09:07 | TrackBack(0) | 日記

みせばやなをじまのあまのそでだにもぬれにぞぬれしいろはかはらず









みせばやなをじまのあまのそでだにもぬれにぞぬれしいろはかはらず


見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず



殷富門院大輔
posted by 肉まん父さん at 08:48 | TrackBack(0) | 日記

たまのをよたえなばたえねながらへばしのぶることのよわりもぞする









たまのをよたえなばたえねながらへばしのぶることのよわりもぞする


玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば しのぶることの 弱りもぞする



式子内親王
posted by 肉まん父さん at 08:31 | TrackBack(0) | 日記

2008年10月20日

なにはえのあしのかりねのひとよゆゑみをつくしてやこひわたるべき









なにはえのあしのかりねのひとよゆゑみをつくしてやこひわたるべき


難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき



皇嘉門院別当
posted by 肉まん父さん at 15:00 | TrackBack(0) | 日記

2008年10月19日

むらさめのつゆもまだひぬまきのはにきりたちのぼるあきのゆふぐれ









むらさめのつゆもまだひぬまきのはにきりたちのぼるあきのゆふぐれ


村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ



寂蓮法師
posted by 肉まん父さん at 09:34 | TrackBack(0) | 日記

なげけとてつきやはものをおもはするかこちがほなるわがなみだかな









なげけとてつきやはものをおもはするかこちがほなるわがなみだかな


嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる 我が涙かな



西行法師
posted by 肉まん父さん at 09:06 | TrackBack(0) | 日記

2008年10月18日

よもすがらものおもふころはあけやらでねやのひまさへつれなかりけり









よもすがらものおもふころはあけやらでねやのひまさへつれなかりけり


夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり



俊恵法師
posted by 肉まん父さん at 18:29 | TrackBack(0) | 日記

ながらへばまたこのごろやしのばれむうしとみとよぞいまはこひしき









ながらへばまたこのごろやしのばれむうしとみとよぞいまはこひしき


ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき



藤原清輔朝臣
posted by 肉まん父さん at 12:48 | TrackBack(0) | 日記

よのなかよみちこそなけれおもひいるやまのおくにもしかぞなくなる









よのなかよみちこそなけれおもひいるやまのおくにもしかぞなくなる


世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる



皇太后宮大夫俊成
posted by 肉まん父さん at 09:30 | TrackBack(0) | 日記

おもひわびさてもいのちはあるものをうきにたへぬはなみだなりけり









おもひわびさてもいのちはあるものをうきにたへぬはなみだなりけり


思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり



道因法師
posted by 肉まん父さん at 09:10 | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。