トップページにお知らせがございます。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ここをクリックしてトップページの「はじめに」に行く

2008年10月21日

よのなかはつねにもがもななぎさこぐあまのをぶねのつなでかなしも









よのなかはつねにもがもななぎさこぐあまのをぶねのつなでかなしも


世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも



鎌倉右大臣
posted by 肉まん父さん at 14:28 | TrackBack(0) | 日記

わがそではしほひにみえぬおきのいしのひとこそしらねかわくまもなし









わがそではしほひにみえぬおきのいしのひとこそしらねかわくまもなし


我が袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなし



二条院讃岐
posted by 肉まん父さん at 09:22 | TrackBack(0) | 日記

きりぎりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねむ









きりぎりすなくやしもよのさむしろにころもかたしきひとりかもねむ


きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む



後京極摂政前太政大臣
posted by 肉まん父さん at 09:07 | TrackBack(0) | 日記

みせばやなをじまのあまのそでだにもぬれにぞぬれしいろはかはらず









みせばやなをじまのあまのそでだにもぬれにぞぬれしいろはかはらず


見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず



殷富門院大輔
posted by 肉まん父さん at 08:48 | TrackBack(0) | 日記

たまのをよたえなばたえねながらへばしのぶることのよわりもぞする









たまのをよたえなばたえねながらへばしのぶることのよわりもぞする


玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば しのぶることの 弱りもぞする



式子内親王
posted by 肉まん父さん at 08:31 | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。